・まず結論や全体像を示し,後から詳細を記す.
 ポイントを絞りかつ情報量も保つために,このような文章構造を用いる.

・話したいように記すのではなく,読む時のことを考え記す.

  • 執筆ガイドライン.txt
  • 最終更新: 2018/09/15 20:23
  • by yatima